通信の基礎知識

通信工事とは?

有線・無線電気通信設備、放送機械設備、データ通信設備等の電気通信設備、コンピュータ等の情報処理設備を設置する工事や既に設置された電気通信設備の改修、修繕、補修工事のことをいいます。

ネットワークとは

複数台のコンピュータを互いに接続してある状態のことを“ネットワーク”といいます。ネットワークは `LAN ‘ (Local Area Network) と `WAN’ (Wide Area Network) の2つに分けられます。 LAN は物理的に近い距離でのネットワークの接続形態を指します。例えば1つの部屋や、1つの建物内で接続したネットワークはLAN です。これに対してWANは物理的に離れた場所にあるコンピュータやネットワークを接続した形態を指します。例えば熊本支社と福岡本社のLAN 同士を接続することなどがあります。

LAN・無線LANとは

LANとは、Local Area Networkの頭文字をとった言葉で「狭い範囲のネットワーク」という意味です。狭い範囲というのはオフィスのワンフロアのネットワークや家庭での2台以上のコンピュータを接続しているなど、コンピュータ同士をネットワークで接続して通信することをいいます。接続方法としては、より対線(ツイストペアケーブル)や同軸ケーブル、光ファイバーなどを使用し、同じ建物の中にあるコンピューターやプリンタなどを接続します。
また、無線LANは、ブロードバンド・アクセスの手段として大きく期待され、その利便性から急速に普及しています。最新の無線技術を用いて、セキュリティー性の高いモバイル環境を構築します。スター型、リング型、バス型などの接続形態の種類があり、通信制御方式はEthernet、FDDI、TokenRingなどがあります。

Wi-Fiとは

Wi-Fiは、無線でインターネットに接続する技術のことです。同じような言葉に「無線LAN」がありますが、ほぼ同じものと考えて問題ありません。
無線でインターネットに接続するWi-Fiを利用すれば、会社や家の中の余計なケーブルを減らすことができます。また、屋外でも高速にインターネットに接続したりできるようになります。
データの暗号化など、セキュリティ対策もいろいろあるので、安心して利用することができます。

なお、Wi-Fiは、Wireless Fidelity(ワイヤレス ファイデリティ)の略語で、無線LAN製品の互換性を検証するWi-Fi Allianceという業界団体によって付けられたブランド名のことです。

光(ファイバー)通信とは

光(ファイバー)通信とは、伝送媒体に光ファイバーを利用した有線通信のことです。
現在急速に普及しているブロードバンドの中で、その速度・安定性に置いて最も優れた通信回線です。 各光ファイバー事業者よりサービスが提供されているもので、ISDNの数百倍、ADSLの数倍のスピードを実現しています。
これまで通信用に使われてきた電線(銅線)や電波による無線通信に比べ、以下の特徴があります。
a.傍聴されにくく、通信の秘密保持が容易である。
b.電磁誘導ノイズの影響を受けない安定した通信が可能である。
c.レーザー光を使用した場合、高速かつ長距離の伝送が可能である。

NASとは

NASとは、Network Attached Storageの頭文字をとった言葉で、ファイルサーバー用途に特化した専用機です。汎用のサーバー機とは異なり、OSなどがあらかじめファイルサーバー向けに設定されており、運用管理もWebブラウザで簡単に実施できます。そのため、「ネットワークにつないですぐに使える、運用管理が容易」というメリットがあります。また、ユーザー数に応じて増加するライセンス料が不要で、運用コストも抑えることができます。

UTPケーブル・STPケーブルとは

UTPケーブルは、LANケーブルとも呼ばれています。シールド保護されていないLAN用の通信用ケーブルで、家庭用・事務所など、一般的な構内LAN用ケーブルとして広く使用されています。UTPケーブルは、電線を2対ずつ撚り線にすることで内部雑音を低減し、高品質な通信を可能にしています。電線を撚ることによって内部雑音を抑制し、高品位な通信を可能にします。
STPケーブルは、シールドが施されたUTPケーブルであり、特にノイズ発生源の多い工場など特殊用途で採用されることがあります。

VPNとは

VPNとはVirtual Private Networkの頭文字をとった言葉で、インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを構成して、第3者がアクセスすることのできない、プライベートなネットワークを作るサービスのことです。
インターネットビジネスにおいて、回線のコスト削減とセキュリティは大きな課題となっています。VPNは、インターネットをあたかも専用線のように使うことが出来ます。費用は専用線に比べはるかに安価で、セキュリティの面においても、通信経路を認証技術や暗号化を用いて保護し、第3者が侵入する事の出来ない、安全なネットワークの構築を可能にします。

電話機(ビジネスホン)とは

電話機(ビジネスホン)とは、複数の外線と内線を共有して制御できる電話装置システムのことです。複数の外線と内線を制御する主装置と、複数の端末機から構成され、容量の大きいものになると数百台の子機を制御できます。このシステムにより、同主装置で制御された子機間で、内線、外線着信保留転送などの機能があります。家庭用の電話機との一番の違いは、この複数電話制御の機能です。

テザリングとは

スマートフォン自体をアクセスポイント(無線機)として、パソコンやゲーム機などの通信機器をインターネットに繋ぐことです。テザリング機能を利用すると、ネット接続環境が無い屋外でも、パソコンやゲーム機でインターネットを使うことができます。便利な機能ですが、通信料金と通信量(データ量)には注意が必要です。月間における通信量が一定を超えると通信が遅くなります。

LTEとは

Long Term Evolutionの略で、スマートフォンや携帯電話などで使われる新しい高速モバイル通信技術の名称です。現在、多くの通信会社がLTEの通信方式を利用しています。

SNSとは

Social Networking Service(ソーシャルネットワークサービス)の略で、共通の趣味を持つ人達との交流を目的としたサービスの総称です。FacebookやTwitter、mixiなどが知られています。それぞれの内容には特徴があり、情報発信であればFacebookやTwitter、写真や動画などはInstagramやPinterest、Vineなど、目的によって様々なサービスがあります。

IoTとは

IoTとは、モノのインターネットとも呼ばれており、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、様々な物体(モノ)に通信の機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信したりすることにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。(e-Words 引用)

ICTとは

ICTは「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略語で日本では「情報通信技術」と訳されています。
従来よりパソコンやインターネットを使った情報処理や通信に関する技術を指す言葉としては、IT「Information Technology(インフォメーション テクノロジー)」が使われてきました。最近では情報通信技術を利用した情報や知識の共有・伝達といったコミュニケーションの重要性を伝える意味でITよりもICTの方が一般的に使われるようになってきました。(NTT西日本公式ホームページ引用)

会社案内

対応エリア